【書評】2000円の弁当とか高すぎ

最近金融関係の本を読み漁っているのですが、初心者でもとてもわかりやすく噛み砕かれている本があったので紹介します♩

問題です。2000円の弁当を3秒で「安い!」と思わせなさい

題名からそそられる本すぎる。答えは?気になる!と手に取りました。
本の中に答えがあるので答えに言及することは控えますが、この本の魅力についてご紹介します。

先輩が薦めてくれた”さおだけやはなぜ潰れないのか?”という本を読んでから会計に興味を持ち始めました。

本題に戻ると、4日間にカリキュラムが分けられていて(1日で読み切れる内容です)

1日目:平社員会計学

・一見すると儲かってなさそうな店がどのように収益を出し維持しているか。
客単価5万円のお店がお昼にランチをやる意味?

・機会費用と言われる本来得られたはずの利益についてどう考えるか。

・よくあるキャンペーン「50人に1人無料」の真相
お得に見えて苦渋の策だった。それでも某航空会社のマーケティング大当たり!

確かに気になる!というものがわかりやすい例と共に提示されています。

2日目:数字力

・人間は得をした喜びよりも、損をした悲しみの方が強く残る
超共感しますw

・1口10万円出資すれば毎週500円の配当金を渡すの真の意味
これは本当にあった詐欺らしいんですけど、
年利24%の毎週固定配当金なんて明らかおかしいのにこんなのに騙されるなんて!
…と思いましたが他人ごとじゃないのでゾッとしました(意味深)詐欺撲滅したい。

・タイトルの答えにも関連するメインの話としてアンカリング効果が出てきます
私たちの日常の生活の中にもアンカリング効果は様々な場所で使われているので意識して生活するようになると面白いかもしれません。

・グラビアアイドルのウエスト表記
よく使われるらしい数字はなんでしょうか?
答えは是非本を読んでみてくださいw

3日目:社長会計学

ビジネスで読めるようにしておきたい財務三強についてで、かなり噛み砕かれてはいるものの馴染みなさすぎて難易度は高いです。

・貸借対照表…ストップウォッチ
・損益計算書…通信簿
・キャッシュフロー計算書…入試 お金が増えたか減ったか
うーん、難しいですねw

・割り勘会計では幹事が得をする
これはかなり面白い理論なので要チェック項目です。
私幹事やるので誰か飲み会しませんか?違

4日目:パーソナルファイナンス

一番馴染み深い項目が最後にきてくれた!

老後に必要だと言われているお金は約8,000万円程度と言われていますが、どのように工面するか?
という考えたくもないことが書かれていますw

もし年金(国民年金・厚生年金)を満額払って受給できるとしたら
年300万円程度で65歳から85歳まで死ぬまでの間に6,000万円は受給できるそうです。
残額の2,000万円を現役時代に貯金することが理想だそうです。

じゃあそのお金を貯めるためのゴールデンタイムといえば、
1期 就職して結婚し、子供が10歳になるまで
2期 子供が10歳から就職するまで
3期 それ以降

今私はまさに1期に突入した段階なので、真面目に考えるために様々な本を読み漁っている段階です。

2019年には消費税が増税するかも?なんて話もあったりして、
同じ収入・同じ貯金方法では家計を圧迫する一方です。収入は増えても支出が増えたり。

悲しい未来になる可能性もある…

インフレになっていくと現在の資産も目減りするので何かしなくては!!

今年中にはある程度の知識をつけて2018年にはポートフォリオ組んで投資活動をしていくのが目標。

日々頑張ります〜

シェアする