【生理痛に悩んでいる女性必見!】低用量ピルって何?費用は?避妊のため?

健康&美容
スポンサーリンク

※この記事は2018年4月26日に加筆・修正を行っております。

生理痛が酷くて低用量ピルの存在に助けられました、ハチ(@hachi13xo)です。
私と同じように毎月くる生理が鬱すぎて悩んでいる女性は多いのではないでしょうか?

あまりにも生理痛が辛すぎたので自分の生理痛に向き合うことにした結果、23歳から低用量ピルを飲む選択をしました。

同じように悩んでいる方の参考になればと思うので記事にします!

生理痛の重さ

私の場合は生理痛が重すぎて

  • 生理前はイライラしすぎて人に迷惑をかけたり色々と支障が出るw
  • 食欲がやばい。とにかく何かしら食べていたい
  • お腹の痛さが尋常じゃない
  • 頭痛が重すぎて生きているのが辛くなるw
  • ロキソニンがないと生活できないw

こんな症状を抱えていました。

女性の生理痛の重さは人によって様々ですが、辛い場合は早めに相談することをおすすめします。

ピルを飲むきっかけ

ある日、住んでいるエリアで無料で案内される子宮頸癌の検査に行った時に、「生理痛が重いんです」と相談したところ、「月経困難症の疑いがあるかもしれないから、低容量ピル飲んでみますか?」と言われたのでピルを飲むことになりました。

月経困難症って何?

そもそも、月経困難症って?となりますよね。月経困難症なんて聞きなれない言葉ですし…!

詳しく説明されているサイトがありましたのでリンクしておきます!
リンク▼月経困難症について

セルフチェックもできるみたいなので生理痛が重くて悩んでいる方は是非やってみてください♪

ピルってどんなもの?

私が処方されているのは、ヤーズフレックスという一般的なピルです。

毎日決まった時間に飲んで月経困難症の緩和と避妊に効果があると言われています。

ピルって避妊のためだけに飲むんじゃないの?

私も基本的にピルというと避妊のために飲むものだと思っていました。もちろん避妊の効果もしっかりあります!
(自分が今後の人生を計画的に築いていくために予定外の妊娠は避けたいという気持ちも個人的にありました。)
ただ、避妊を目的にピルを飲むことにすると保険適用外になるので費用が高くなります。
※ネットでも購入できるらしいですが、安全性を保証できないので今回は紹介するのを控えます。

メリット

・生理痛がほとんどなくなった

胸が張ったりは多少するものの、腹痛・頭痛・イライラ・過食はかなり消えました!
生理前・生理中でも腹痛頭痛に悶えて寝腐る無駄な時間がなくなったので時間を有効活用できるようになりました♪

ちなみに現在使用開始から1年経過しましたが、本当に問題なくてあれだけ苦しんでいた生理痛が皆無です。
早くからピル始めて本当に良かったと思います!!

・生理日が予測できて予定が立てやすくなった

生理不順で悩んでいる方もピルを飲むことによって生理の周期を整えることができます。
生理中は、プールや海や温泉や旅行や彼とのお泊りデートを控えたい時期ですよね。
ピルを飲むことによって生理を予測できるので予定を立てるのが楽になります♪

・生理の期間が短くなった

普通はだらだら5~7日間出血が続きますが、3~5日間で終わるようになりました!
生理用品を持ち歩かなきゃいけない期間が短くなります。笑

デメリット

・めんどくさい

始めた頃はやっぱり多少めんどくさいですw飲み忘れたりすると大変だし。

でも、歯を磨くレベルで習慣化してしまえば慣れます。

・費用が高い

ありがたいことに保険適用にはなりますが、正直高いです。
しかし、自分の身を守るための投資と考えれば安いもんですね…!
費用は安く見積もっても年間¥40,000ぐらいになるかと思います。

でも確定申告を自分で行って医療費控除を申請すれば控除を受けることができます。
医療費控除って何?となりますが、これについてはまた今度!

ピルを始めるのにかかるお金は?実際の明細付きで解説!

こればかりは病院によって差があると思うので目安としてみてください。

※保険適用内の価格です。

私の場合は1回目は
病院代:¥2,640
薬代 :¥2,670
合計 :¥5,310

2回目
診療代:¥2,260
薬代 :¥2,630
合計 :¥4,890

現段階(ピルのシート2枚目)で¥10,200かかっています。高い…!汗

診療の内容は?

1回目は診察して、説明を受けてピルを処方してもらいました。確か子宮内膜症などの疑いがないかも内心エコー検査も受けました。
2回目は1回目に予告されていた採血をしました。ピルの副作用の1つとして、血栓症があるらしく、血栓症になっていないかの確認のために採血をしました。

ピルを服用して副作用として血栓症が発症し死亡した例もあるそうです。こういう知識も教えてくれるお医者さんを選びましょう!

3回目以降は
検査もなくなって診療代が少し安くなる+薬を最大3ヶ月分まで処方してもらえる
らしいのでもう少し負担が少なくなることを期待します…!

月々のランニングコストで考えると大体¥2,500~¥3,500で見積もっておくといいかもしれません。

まとめ

費用や飲み忘れの心配といった負担やリスクを許容できるのであれば、

自分の体調のために飲むべきだと思います。

私個人としては、
「なんでもっと早くから検討しなかったんだろう」と思っています。
お金をかけてでもしておきたい自分への投資ですw

全ての生理痛に悩める女性は是非産婦人科へ〜〜!!

ピルを飲み始めてから生理の周期は安定したし、生理痛もかなり緩和されたのでよかったと思います。
とりあえず生理痛が重すぎて悩んでいる女性は一旦産婦人科を受診することをオススメします!

辛い生理痛からフリーになりましょう!!!!

コメント

  1. […] 【生理痛に悩んでいる方必見!】低用量ピルって何?費用は?避妊のため? […]

  2. […] ピル […]