【生理痛に悩んでいる方必見!】低用量ピルって何?費用は?避妊のため?

生理痛が酷くて毎月死ぬ思いをしていました、ハチです。
私と同じように毎月くる生理が鬱すぎて悩んでいる女性は多いのではないでしょうか?

今は学生で辛かったら休むことなんて簡単だけど、 社会人になったら責任もあるしそんな簡単に休むことってできなくなると思うんです!
そうなる前に自分の生理痛に向き合うことにした結果、低用量ピルを飲む選択をしました。

同じように悩んでいる方の参考になればと思うので記事にします!

生理痛の重さ

私の場合は生理痛が重すぎて

  • 生理前はイライラしすぎて人に迷惑をかけたり色々と支障が出るw
  • 食欲がやばい。とにかく何かしら食べていたい
  • お腹の痛さが尋常じゃない
  • 頭痛が重すぎて生きているのが辛くなるw
  • ロキソニンがないと生活できないw

こんな症状を抱えていました。

ピルを飲むきっかけ

ある日、住んでいるエリアで無料で案内される子宮頸癌の検査に行った時に
「生理痛が重いんです」と相談したところ
「月経困難症の疑いがあるかもしれないから、低容量ピル飲んでみますか?」
と言われたのでピルを飲むことになりました。

月経困難症って何?

そもそも、月経困難症って?となりますよね。月経困難症なんて聞きなれない言葉ですし…!

詳しく説明されているサイトがありましたのでリンクしておきます!
リンク▼月経困難症について
セルフチェックもできるみたいなので生理痛が重くて悩んでいる方は是非やってみてください♪

ピルってどんなもの?

私が処方されているのは、ヤーズフレックスという一般的なピルです。

毎日決まった時間に飲んで月経困難症の緩和と避妊に効果があると言われています。

ピルって避妊のためだけに飲むんじゃないの?

私も基本的にピルというと避妊のために飲むものだと思っていました。もちろん避妊の効果もしっかりあります!
(自分が今後の人生を計画的に築いていくために予定外の妊娠は避けたいという気持ちも個人的にありました。)
ただ、避妊を目的にピルを飲むことにすると保険適用外になるので費用が高くなります。
※ネットでも購入できるらしいですが、安全性を保証できないので今回は紹介するのを控えます。

ピルを始めるのにかかるお金は?実際の明細付きで解説!

こればかりは病院によって差があると思うので目安としてみてください。

※保険適用内の価格です。

私の場合は1回目は
病院代:¥2,640
薬代 :¥2,670
合計 :¥5,310

2回目
診療代:¥2,260
薬代 :¥2,630
合計 :¥4,890

現段階(ピルのシート2枚目)で¥10,200かかっています。高い…!汗

診療の内容は?

1回目は診察して、説明を受けてピルを処方してもらいました。確か子宮内膜症などの疑いがないかも内心エコー検査も受けました。
2回目は1回目に予告されていた採血をしました。ピルの副作用の1つとして、血栓症があるらしく、血栓症になっていないかの確認のために採血をしました。

ピルを服用して副作用として血栓症が発症し死亡した例もあるそうです。こういう知識も教えてくれるお医者さんを選びましょう!

3回目以降は
検査もなくなって診療代が少し安くなる+薬を最大3ヶ月分まで処方してもらえる
らしいのでもう少し負担が少なくなることを期待します…!

月々のランニングコストで考えると大体¥2,500~¥3,500で見積もっておくといいかもしれません。

まとめ

ピルを飲み始めてから生理の周期は安定したし、生理痛もかなり緩和されたのでよかったと思います。
とりあえず生理痛が重すぎて悩んでいる女性は一旦産婦人科を受診することをオススメします!

シェアする