楽天Edyで¥10,000損した私が伝えたいこと

この度私は、楽天Edyで¥10,000損しました。

自己責任ですが同じ事をしてしまう人が出ないようにと、失敗談を踏まえた上で今後の為に恥を忍んで書きます。笑

まず、私は楽天が大好きです。
楽天銀行に始まり、証券・カード・ポイントと幅広く利用してます♡

そんな大好きな楽天利用中に事件は起こりました。

何が起こったのか?

私は楽天Edy付帯のクレジットカードを愛用していて、Edyのオートチャージ設定を行なっていました。
¥3000以下になったら、¥10,000チャージする設定でした。これが運の尽きでした。

そして、事件は起こりました。

自分の名前のアルファベット表記を変えようと思って、楽天カードに変更を依頼しました。

カードって新しくなったら普通破棄するじゃないですか?
なんの疑問も持たず破棄しました。

Edyの使用履歴を見る為にHPを確認していたら、
「なんでEdyの番号2つになってるの意味わからん〜。。はっ!!」
とここで気づきました…何かまずいことをしたことに。

恐る恐るウェブで検索をかけると、

紛失した場合でも、Edy残高の払い戻しはできないと…!
ってことは、自分で捨てた場合なんて払い戻しや移行なんて不可能ですね。

ちょうどオートチャージが行われたてほやほやだったので、
チャージ済みの¥10,000サヨウナラ〜

何が悔しいって、財布を落として現金抜かれてたら
「誰かが使ってるのかな〜困ってたんだろうな〜お幸せに〜」
って踏ん切りもつきますが(悔しいけど)、今回は丸々楽天の利益になるじゃないですか(ボソッ

Edyを解約や変更する場合は?

そんな私の失敗を踏まえて、Edyを解約する場合のこと!

何が何でも使い切る!!

オートチャージ設定をしている場合は解除して、
しっかり使い切ることが一番ベストだと思います。もはやそれしかなさそうです。

チャージ設定額は低く設定!!

オートチャージは便利な反面使っている感覚がなかったりします。
一気にドカンとチャージするのではなくて¥3,000に設定しておくことによって
チャージの頻度も確認できるかと思います。

まとめ

とっても悔しい経験になりましたがいい勉強になったと諦めます。
便利な分、落とし穴があるんだなと改めて感じました。

今後もEdyの利用は続けますが、落とし穴に落ちた私だからこその使い方もきっちり考えていこうと思います(反省

シェアする