20代OLが身内の救急車→入院を体験して真剣に保険について考えてみた

健康&美容
スポンサーリンク

こんにちは、「悪い時ってスパイラルで地獄にハマるよね」
17.5卒のハチ(@hachi13xo)です。

先日、身内が救急車に運ばれました。
一生に一回経験するかしないかの経験をして、勉強になったので記録してみます。

救急搬送された経緯

身内の携帯を通じて一緒にいた人から電話がかかって来て、その後すぐに救急隊員に代わって
「身内さんが救急車で運ばれるので病院来てくれますか?」ってことだけ伝えられた。

どんな状態かも分からないし、「なんで行く必要があるんですか?」と聞いたところ「検査や入院に家族の同意が必要な場合があるので」と言っていました。
身内が近くにいないorそもそもいない場合はどうするんだろう。

搬送先が決まり、病院に向かうことになったのですが、ここで病院に行く際に必要なものが何かを考えた。

身内が救急搬送された場合に絶対覚えておいて欲しいこと

搬送されて病院に行くときに忘れずに意識すべきこと!

当たり前すぎて救急隊員の方がわざわざいうほどのことでもないのかもしれないが、気が動転して忘れる人がいると思うので伝えてあげてほしい…!

・保険証
→「常に持ち歩いてる!!」って人と、「病院行く時しか持ち歩かない」って人がいると思うのですが、持ち歩かない場合はどこに保険証があるかを把握しておく必要があることを実感しました。

もし忘れた場合はまた病院に行って返金してもらう手続きをしてもらう方法や健康保険窓口での払い戻しなどあるみたいですが、手間なので緊急の場合でも必ず保険証を忘れないようにしましょう!

・多めの現金
→キャッシュレスが進んでいる世の中でも病院って現金のみの場所が多い気がします。

特に保険証を持っていかなかった場合や病院でカードが使えない・近くにコンビニがないなど様々な可能性があるので、必ず現金を多めに!

かかったお金

今回は家から保険証を持って行ったのですが救急搬送で、レントゲンや心電図やCTなど結構大掛かり?な検査をやったみたいなので¥10,000越えました。

でもね、保険証なかったら¥30,000超えてたんだ・・恐ろしや。
国民皆保険制度がどれだけ素晴らしいものか改めて実感しました。笑

その時は一旦帰宅したのですが状態が回復しなかったらしく深夜にもう一度救急に連れて行った結果、そのまま入院となってかかった額が約¥17,000。
次の日の昼に退院したにも関わらず…!病院すごい。

私もよく喘息で入院してたけど、こんなにお金かかってたの知らなかった。
「あんなに入院しまくってごめん!」と反省しました。

最後の入院は大学生の時で日数は短かったけど、「7万ぐらいかかったかな」と言われてショックでした←
健康って何よりも大事かも。。

救急の感想(余談、というより愚痴)

昼間のお医者さんには「お腹からくる風邪です」って診断下されて薬出されて帰宅したのが15時頃でそれでも苦しみ続けて「もう一度病院に行きたい」と言われて病院探し。

次は近いところでと思って近い病院に何軒か電話したけど、「救急で検査とかされて診断下された病院があるならそちらを再受診することをお勧めします」と断られ続けて絶句。

(そもそも病状を1から説明しなきゃいけないの手間だし病院間でデータ共有してくれれば済むやん!って素人的な考えでたけどできないのかな〜)

止むを得ず昼間の病院に電話しても、「応対した医師は帰宅して対応可能な別の医者はオペ中で対応できないので、どうしても厳しそうだったらまた電話ください〜」って言われて泣きそうになった。

普通に厳しいから連絡してたんですけどね。

もう一錠薬を飲んでもらって寝てたけど、また起きてきつそうだったのでリトライしたら「じゃあきて大丈夫ですよ〜」とのことで救急外来。
夜の先生で再検査したら風邪とかじゃなくもっとひどい診断を下されびっくりしました。
一部の検査はやり直しだったらしいし意味不明。

救急車の場合って搬送先も選べないみたいでその病院だったらしいですけど、後から調べたら口コミ最悪だった。

病院のたらい回しって初めてされたけど心折れますね完全に。
自分が体調悪い状態だったら電話もしたくないレベルだろうし家族って大事じゃんって思いました。

不幸中の不幸。保険が…

そして不幸中の不幸なんですけど、身内が一ヶ月前に保険を解約してたみたいで…
保険金降りないし今後保険入れない可能性高くなったし、散々ですね。

保険に関しては、自分が死んだら困る人がいる人の為のものって考えてたけど、「”死んだ場合”だけじゃなくて、病気や事故に遭った場合にも必要なんだよなあ…」ってことを思い直しました。

私自身「割といつ死んでもいいや」って後悔なく生きているつもりなんですけど、病気になって治療費だけがかかって周りに迷惑をかけるのは避けたいし…

私自身100歳まで生きたくないと思っているので、安楽死や尊厳死についても興味あります。法律や倫理的にどうなのかも含め気になる。

日本人は国民皆保険制度に守られている?

話逸れましたが日本は、国民皆保険制度があるのでよほどのことがない限りは国の保険制度で賄えそうだし、高額医療費が後から払い戻されたり医療費控除なんて制度もあるので様々な制度でどうにかなる気もする。

保険に加入したとして月々の支出が病気した時のリスクに対する支出額が見合うのかどうかは悩みどころ。

病気や事故っていつ起こるかわからないから、保険に入ってても健康でお世話にならない可能性も保険に入った途端に病気事故する可能性もあるし、損益分岐とかっていう考え方がそもそもないのかもしれないけど。

一番怖いのは事故で誰かを死なせてしまった場合。保険どうこうじゃ済まない問題…

保険の相談するとしたら…

保険に関して相談するとしたら特定の保険会社に属した人からの営業はありがちだけど「俯瞰的な目で見てくれるようなところ!信用できるFPさんがいそうなところに相談したいなー」と思って調べたらこの2つが良さそうです。 どちらも相談無料!!

リンク▼保険の森の無料相談お申込みプロモーション / 株式会社アロッツ
→特定の保険会社に所属しているわけじゃなく、強引な営業は一切ないそうです。

リンク▼厳選した保険ショップだけを掲載!保険ショップマンモス
→激戦したFPだけを紹介しているそう。オープニングキャンペーンとしてご面談をしていただいた方にハーゲンダッツギフト券2枚プレゼントを全員にプレゼント!

と、強みやキャンペーンもそれぞれなので両方行って比較検討するのがいいかも!

日本は保険大国らしいので、保険にかなりの金額を払っている人が多いと思います。
と言っても未婚だったら自ら進んで加入もしてないだろうし実感もないですよね。

私も「結婚したら保険加入して子供が生まれたら死亡保険もかけなきゃ?」とか思ってますが、まだわからない。
独身なので「今の段階では保険いらないかな」とも思っているけど、人生勉強として行ってみるのもあり。

余談ですが、外資保険会社の営業員さんに営業かけられたことあるけど、その場では超悲観的になって「人生つら。保険。絶対必要」って思うけど家に帰ってよく考えると自分の状況にミスマッチなこともあるのでしっかり相談できるFPさんを探して保険加入するのが良さそう!(保険未加入者が語る)

独身の場合は「未来の自分への投資」みたいな文句で積立型を進められると思います!
最近の保険のトレンドも気になるし勧誘行ってみたいな…!

まとめ

保険についてなんて考えたこともなく、情弱すぎて全くわからないので勉強したいと思いますw
FPについての勉強も興味あるのでしてみたい!
情弱が騙される世界は嫌なので自分自身にリテラシーを身につけられるように頑張らないと!!

そして家族を築きたいという気持ちが増して結婚願望が増しましたw
結婚して家庭を築きたいってのリアルに夢かもしれない。笑

これからが大変だろうけど頑張るぞー!!