【WDW】パーク内はWi-Fi繋がる?オススメはSIMカード

ハネムーン
スポンサーリンク

フロリダディズニー(WDW)に行くときに考えるのは、ネット環境をどうするかですよね。

アプリを駆使してまわるので、ネットが使えるかどうかは重要ポイントです。

 

2022年にWDWに行った私が、使ったネット環境をオススメしたいと思います!

今度WDWに行く方の参考になれば幸いです(^^)

スポンサーリンク

WDWでのネット環境はどうするべき?

WDWパークやホテル・バス内でもWi-Fiが整備されています。
しかし切れる瞬間があったり、通信速度が遅い、Wi-Fiが繋がりにくい場所がありました。

ジーニープラスに課金していると7時の予約スタートの時間帯にネットが繋がり、予約できるかどうか、一分一秒の戦いになりますので(笑)、ネット環境は超重要です。

また、パーク内はアプリをフル活用して回るのが前提のため、Wi-Fiがうまく繋がらないと回りづらくストレスが溜まります。

現地で全力で楽しむためにも、ネット環境は、レンタルWi-Fi or SIMカードを日本で調達してからWDWに向かうことをお勧めします。

レンタルWi-Fi or SIMカードを比較しつつ、私が実際に利用したSIMカードに関してご紹介してみます。

レンタルWi-Fi

今までの海外旅行時にはレンタルWi-Fiを使っていました。
というのも、SIMロックされた携帯だったため、そうせざるを得ませんでした。

【メリット】
・複数人・複数デバイスでシェアできる
・オプションでGoproや360°カメラ THETA Sなどが一緒にレンタルできる
・早割がある

【デメリット】
・レンタルと返却の手間がある(受け取りを忘れたら旅行中のインターネットが制限される…)
・ギガが少ないと万が一速度制限がかかった際に詰む
・Wi-Fi機器も持ち歩くため、荷物が増える
・はぐれた時や別行動の時に不便
・紛失リスク
・Wi-Fi本体の充電の手間
・渡航期間で課金されるため、割高になりがち

【コスト】
私も利用したことのあるグローバルWiFiで試算したところ、約14,000円(2名利用時1人当たり7,000円)でした。

SIMカード

今回は初めて海外旅行でSIMカードを使ってみました。

【メリット】
・コストが安い
・SIMカードを差し替えるので、万が一にも機内モードを現地で解除した場合の課金を防げる

【デメリット】
・SIMロックが解除されたスマホにしか使えない
・出発前のアクティベートと空港にてSIMカード入れ替え作業が必要
・現地の知らない番号から電話がかかってくる

【コスト】
AmazonでSIMカードを購入し、2,380円×2人分=4,760円でした

【WDW】レンタルWi-Fi VS SIMカードどちらがオススメ?

結局どちらがおすすめか?

2人・アメリカ7日間・Wi-Fiプランは”アメリカ本土 4G(高速) 1.1GB/日 超大容量”にて見積もりと、実際に私が使ったSIMカードの価格を比較した結果がこちらです。

 

レンタルWi-FiSIMカード
価格14,000円4,760円

レンタルWi-Fiは人数が増えても価格が変わらないので、5人以上で一台のWi-Fiをシェア・SIMロックされているスマホの場合はレンタルWi-Fiがオススメ。

それ以外の場合はSIMカードが圧倒的に安くて使いやすいのでオススメです!

SIMカード どこで買える?使い方紹介

SIMカードを購入する前に自分のスマホでSIMカードが使えるかどうかを確認する必要があります。

*SIMロックされているか確認する方法(iPhoneの場合)
設定アプリ内の「一般」から、一番上に表示される「情報」をタップ。
下にスクロールしていくと「SIMロック」という項目があり、ここが「SIMロックなし」になっていれば、解除されています。

SIMロックなしのスマホであれば、下記のやり方で準備を進めましょう!

【SIMカードを買う方法と使い方】

1.日本で事前アクティベートの必要があるので、出発の2週間前を目安にAmazonにて注文

2.商品が到着したら、同梱されている説明書に記載されているQRを読み込みLINEを立ち上げる。
すぐにメッセージが来るので、開通希望日・購入日数・注文番号・SIMカード裏側の写真を添付し、返信すると1hほどで、『アクティベーション予約完了』のメッセージを受信。
※夫の分と2枚分の開通手続きを行いましたが、2枚同時でも手続きを行なっていただけました。

これで出発前の手続きは完了!

使う際は、出発前の空港or到着時にSIMを入れ替えて使うだけです。SIMピンも同梱されているのがありがたかったです。

現地では通信速度に問題もなく、快適なネット環境を手に入れることができました!

 

電話番号も付与されるため、現地での電話も使うことができます。

しかし知らない番号からの電話がたくさんかかってくるので、無視しましょう。

持ち歩きバッテリーを忘れずに

WDW内ではスマホがないと戦えません!!

ネット環境が整っていてもスマホの充電切れを起こしては意味がありません。

 

絶対にハイスペックなスマホ充電器を持っていきましょう。

私は今回の旅行のために、コンセント一体型のこちらを購入しました。
ハブとしてコンセントから他の端末を充電しつつ、モバイルバッテリー本体も充電されるという優れものでした。

しかし、バッタリーの容量を表す”mAh”が5000mAhと弱く、パーク内のバッテリー消耗に充電が追いつかず、充電切れになってしまいました。

 

夫が持っていた超大容量のモバイルバッテリーに本当に救われました…

26800mAhあれば、iPhoneを6回充電できるパワーがあるので安心です。

【WDW】ネット環境とバッテリーは忘れずに

WDWに行く際は、SIMカードとモバイルバッテリーを活用して、楽しいWDWの時間を過ごせますように!