OLがUSCPA予備校アビタスの無料セミナー参加!徹底レビュー

USCPA
アビタス
スポンサーリンク

こんにちは、OLのハチです。

突然ですが、私は新卒8ヶ月で退職した経験を持ち、職歴はボロボロです。

そんな私が、「何か専門性を身に付けたい」と、経理に興味を持ち調べてみると、USCPA(米国公認会計士)という資格を見つけました。
思い立ったら即行動タイプなのでw、即座にネットで評判が良さそう&広告によく出てきていた、ABITUS(アビタス)のUSCPAセミナーに参加してきました。

この記事では、USCPA(米国公認会計士)に興味を持ったOLが、USCPA予備校のABITUS(アビタス)の無料セミナーを受けてきた内容を紹介してみます。

 

・USCPAの予備校をどこにするか迷っている
・ABITUS(アビタス)の無料セミナーを受講するか悩んでいる
・ABITUS(アビタス)の評判や口コミが知りたい
・金額や単位について知りたい
という方はぜひご覧ください!
スポンサーリンク

ABITUS(アビタス) USCPA無料セミナー内容とメリット

私が申し込んだ会場は八重洲会場。閑静なオフィス街のビル内にありました。
校舎内は清潔感があり、静かでした。

ABITUS(アビタス)受講を決めた後に利用することになるであろう自習室や立地などの環境は大事です。予備校を決める際の指標になるかと思うので要チェックです。

開始5分前に会場に入ると、平日の夜にも関わらず、すでに20人ほどの人がいました。
机の上には、説明会の資料と実際にABITUS(アビタス)で使われているサンプルテキストが置かれていました。

USCPAテキスト

ABITUS(アビタス)セミナー配布物

セミナーのスタートは、ABITUS(アビタス)の代表がUSCPAの概要を説明してくださいました。

説明会は二部構成で、一部ではUSCPAの概要など、二部ではABITUS(アビタス)の説明がメインでした。
一部の説明会が終わった後に、単位チェックのために大学時の成績証明書を預けます。

ABITUS(アビタス)のメリットと、セミナーの具体的な内容とを紹介してみます。

複雑なUSCPA受験の仕組みを知る事ができる

USCPAは受験プロセスが複雑で独自で受けることは至難。

理由は海外の資格であり、受験資格にも制限・受験申し込みのプロセスが複雑な事が挙げられます。

そんなUSCPAの仕組みをしっかり説明してもらえる内容となっていました。
メインパンフレットの目次はこんな感じ。合格者インタビューから始まるのは、そそられますよね。笑

ABITUS(アビタス) 目次

USCPAを取得した後のイメージが湧きやすくなる

パンフレットの内容で参考になったのは、USCPAの活躍フィールド。

USCPAの活躍フィールドは、Big4のような大手監査法人がメインかと思いきや、活躍フィールドが幅広い!

USCPA活躍フィールド

USCPA活躍フィールド

活躍フィールド例はこちら!

・英文経理 ・海外法人、投資先会社の経営管理
・財務管理 ・IR(財務広報)
・米国会計基準による連結決算 ・内部監査

英文経理や監査法人ぐらいしか知りませんでしたが、全部面白そう。。

単位チェックをしてもらえる(単位診断結果)

ABITUS(アビタス)で無料セミナーを受ける最大のメリットだと感じたのは、USCPAに必要な単位の要件を確認してくれること!

USCPAが独学での取得が難しい理由の1つとして、単位が関係します。
単位が関係ある理由については、セミナーを受けて欲しいのですが、一言で言うとUSCPAは特定の単位がないと受験資格すらありません。

大学の学部が会計関係ではなかった場合は基本的に単位を取り直す必要があるので、どんな単位を取る必要があるかを知る必要があります。

ABITUS(アビタス)のセミナーでも受けられる、単位診断サービスを受けると、単位取得がどれだけ必要かを知ることができるので、役に立ちます。

単位診断はメールでもできるようですが、具体的にちゃんと説明してもらえるので無料セミナーついでに診断してもらうのがオススメです。

無料単位診断サービス

無料単位診断サービス

私は大学の成績証明書を持って行ったので、その場で単位チェックを受ける事ができました。

私の結果はこんな感じ。

文系出身なのでビジネス単位は多いけど、会計単位が0…
大学生の時は会計なんて言葉聞くだけで不快だったから授業なんて取るわけなかったし…
人って変わりますね。笑

成績証明書の入手方法は、各大学によって取得のフローが違うと思うので、出身大学に問い合わせてみてください。

カウンセリングが丁寧

セミナー受講生が多かったにも関わらずカウンセリングスタッフの数も多かったのが印象的でした。

説明会を受けたあと単位診断結果があった私は、優先的に綿密にカウンセリングしてもらえた気がする←

※セミナー終了後は成績書を提出した方が成績書返却兼レビューがあるので、聞きたい事が沢山ある方は成績証明書を準備しておくことを強くオススメします。

無理やりの勧誘なし

無料セミナーに行った後に気になるのは、勧誘がしつこいかどうかですよね。

ABITUS(アビタス)の場合は無理やりな勧誘や電話はなく、セミナー終了後はカウンセラーさんからメール連絡で、受講の意向確認程度なのでプレッシャーに感じることもありませんでした。

定期メールとして転職情報やセミナー情報を週2程度で送ってきてくれるので、USCPAの存在を程よく覚えさせてくれる刺激になっています。

ABITUS(アビタス) 受講見積もり金額

私は単位診断も行っていただいたので、リアルな数字の見積もりをいただく事ができました。

USCPAは出願州を決める必要があり、出願する州によって細かく単位要件が分かれており、受験にかかる費用も変わります。

私の見積書はこちら!アラスカとグアムの両方で見積もっていただきました。

アラスカ 見積もり

アラスカ 見積もり

 

グアム 見積もり

グアム 見積もり

同じUSCPAなのに出願州によって、約7万円の差が出ることも驚きですね。

国の制度である教育訓練給付金支給を利用しても、約60万前後なので決して安くはありません、、

 

値引きは、支払い期限以内に申し込みを決めれば受ける事ができます。

パンフレットを参照したところその他割引として同時入会割引・単位既取得者割引・学生割引・紹介割引・資格割引(会計士・税理士・日商簿記一級・BATIC)などがあります。

 

申し込みを決める前に費用感については知りたいと思うので、無料セミナーに参加して成績証明書をもとに正確な見積もりをもらうことをオススメします。

ABITUS(アビタス)無料セミナー&受講生 口コミ

ABITUS(アビタス)の無料セミナー参加者や受講生の口コミを紹介してみます。

学生さんで、学習意欲高くて尊敬します。。

USCPAの予備校にはTACもありますが、結果ABITUS(アビタス)に決めた方もいらっしゃいます。

グループカウンセリング…?受講生になると、サポートが厚そうです。。

USCPAは転職の武器として抜群な効果を発揮してくれそうです。

 

口コミを見ると、受講したい気持ちが強くなります。。

まとめ

ここまで散々USCPAについて書いてきましたが、今はUSCPA受験を見送ることにしました。

理由は2つあります。

・資金的に厳しい
自己投資が一番費用対効果が高いことは承知しているのですが、さすがにポンと出せる額ではない…・時間がない
私は2020年にワーホリに行くことを考えています。
オーストラリアでUSCPAは、相互協定があるので資格取れば働けるけど、USCPAに一年未満で合格する自信がない…

オーストラリアでUSCPAが受ける事ができれば最高なんですが、現在試験を受ける事ができるのはアメリカと日本のみ。

私にとって今はUSCPAを受けるタイミングではないと判断しましたが、ワーホリから帰ってきたら、USCPAにチャレンジしたいです。
やりたいことが変わってることも考えられますが、現在の意向としては3年以内にチャレンジ予定。

 

USCPAは受験が複雑なので、セミナーで知識をインプットする事がオススメです。

「USCPAの話を聞きたい!」「USCPAに挑戦したい!」と思った方は、資料請求or無料セミナーを申し込んでみてください。

USCPAに興味がある方は、予備校のアビタスがオススメ!

アビタスの無料セミナーは、新宿・八重洲・大阪で開催。
無料セミナーに参加すると、
USCPAに関する情報が詰まった本が無料でもらえます。


「いきなりセミナーはちょっと…」という方も、
「セミナー参加してみよう!」という方も
まずは、資料orセミナー申し込んでみてください!

USCPAを目指すならアビタス。

 

 

スポンサーリンク
USCPAWORK
スポンサーリンク
hachi13をフォローする
スポンサーリンク
20代PoorOLのブログ